くろのアトリエ~どっかの錬金術師~

萌え4コマ誌感想がメイン、TOP記事は毎クール1本だけアニメ感想を載せてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版「文学少女」と「いばらの王」

というわけで、観て参りました。

GWに加えて、1000円の日だったので超並んでて当日分はほぼ全て立ち見だったんですが・・・

さっすが管理人!前日にベストポジションを確保済みさっ!
凄く並んで立ち見チケットを買う人をよそ目に劇場に入る時はフヒヒサーセンな気分でしたねw
まぁ、ぶっちゃけ去年のGWのエウレカの時の教訓を生かしただけですが。

当然のごとくネタバレ書くぜぇ、超書くぜぇ・・・!



20100501221044.jpg

劇場版 文学少女 ⇒公式サイト

内容は原作の1巻から・・・とかでは全然無く、
原作5巻「“文学少女”と慟哭の巡礼者」がメインになってます。
つまり心葉君編ですね。
と言っても、この映画単体で、
遠子先輩との出会い、過去の井上ミウの話とかも全部描かれてるので原作未読でも大丈夫です。
まぁ管理人も全部読んだわけではないですが、多少知識があったほうが楽しめるのも事実。
でもアニメ化してない部分は一部無かったことになってる気もしますが。

以下雑感
ヤ ン デ レ 注 意 報 発 令 中
警報ではなく注意報なのでご安心を。

大体の流れは、

遠子先輩との出会いから~回想
本編開始(出会いから2年後、冬)

文芸部ポストに怪文書が投げ込まれる

冬休み明けに入院したななせのお見舞いで美羽と再会する

美羽の望みを叶えるために心中しようとするが遠子先輩に説得されて思いとどまる

美羽が自分からトラックに飛び込んで幼児退行する

ななせが美羽の演技を暴く(まさか演技だったとは・・・gkbr)

遠子先輩マジック

わたしの作家になっちゃだめ
そして別れ際の・・・

6年後

みたいな流れです。
始まる前は結構ドライアイで目が痒かったんですが、終わるとなぜか治ってました、不思議。

とりあえず、見に行ける距離の人は見に行けばいいと思った。

お前は今、泣いていい!

お前は!今!泣いていい!

20100501200136.jpg

主題歌が同日発売とか策士だな・・・




20100501221226.jpg

劇場版 いばらの王

こっちも凄く並んでて立ち見出てました。さすがGW・・・

さすがに話の内容的にネタバレは自重

管理人は散りばめられたフェイク、ミスリードに引っかかりまくって凄く楽しめました。
というか原作未読だったんですが、まさかあんなオチだとは・・・(原作通りかは知らない)

余談ですが、
文学少女のヒロイン遠子先輩役:花澤香菜
いばらの王主人公カスミ・イシキ役:花澤香菜

時代が来てるな。
さらに余談ですが、遠子先輩はバカテスとのコラボ時にムッツリーニと同等の保健体育の知識があることが・・・

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chronoragna.blog76.fc2.com/tb.php/1221-30df6123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。